初めて鍼治療を受ける方へ

鍼(はり)

 「はり」と聞くと痛い感じがありますが、鍼の直径は0,2ミリ程度のもので髪の毛位です。刺されたときは何もかんじないか少しチクッとした感じがする程度です。
治療に用いる鍼は全て完全滅菌された使い捨てですので、鍼から病気が感染することはありません。
鍼は副作用もほとんどありません。しかし、治療後一時的にだるさが残ることがあります。これは鍼治療に慣れていない人に起こりやすい症状です。運動後の疲労感とよく似ていますので、激しい運動を避けて下さい。ほとんどの場合は1〜2日で回復します。また、時に小さな内出血が起こることがあります。とくにさわらずにしていれば、紫色から黄色くなって一周間ほどで消えますので心配いりません。

灸(きゅう)

 「お灸」には直接灸と間接灸(温灸、隔物灸など)があります。
 直接灸は瞬間的な熱さのみで快痛ともいえる心地よさです。
 間接灸は持続的な暖かさあり、決して熱さを我慢するものではありません。
 当院では間接灸を主に扱っております。後が残ることはほとんどありません。治療日は入浴等を禁止する必要はなく、普段通りの生活をしていただいて結構です。但し、灸治療を受けたときは入浴時に灸のあとを強くこすらないように注意してください。万が一水ぶくれができていても、つぶしたり、強くこすったりしなければ問題はありません。

 鍼灸治療につきましては、ひとりひとりの状態をじっくり診断させていただくため、初診料一律1,000円いただきます。

※その他、ご不明な点は気軽にご相談下さい。


患者様にお願い

 的確なポイントをつかむために問診をくわしくおこないます。そのため初めての方は10分ほどお早めにご来院ください。
 予約制ですが、治療を現在ひとりで行っています。診療中のお電話に出ることができない場合がございますので、留守番電話にお名前、連絡先、メッセージをいれてくだされば手が空き次第お電話をお返しいたします。予約時間に遅れられますと時間単位で予約をお取りさせていただいている関係上治療時間が短くなり予定通りの治療ができなくなることがあります。キャンセルの場合はお早めにご連絡をいれてくださると大変助かります。


鍼灸 治療後の注意事項

  • 治療後1時間位激しい労働、運動及び入浴は避けて下さい。
  • 治療をした日のアルコールの摂取はできるだけ避けて下さい。
  • お風呂は施術後1〜2時間後であれば入っていただいて大丈夫です。
inserted by FC2 system